2019年12月フエ郊外のトゥ・ドゥック帝廟の観光記録

目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年6月21日 更新日:2020年6月21日

スポンサーリンク

2019年12月にフエにあるトゥ・ドゥック帝廟を観光しました。
ずばり約30万VND(約1500円)で観光できました。

目次
トゥ・ドゥック帝廟の場所と入場時間
トゥ・ドゥック帝廟とは
トゥ・ドゥック帝廟のみどころ
かかった費用
まとめ

トゥ・ドゥック帝廟の場所と入場時間

https://goo.gl/maps/ZWgwxQwnotrCM5fn9

入場時間:7時~17時30分(11月~3月:7時30分~17時)

トゥ・ドゥック帝廟とは

「詩人」皇帝トゥ・ドゥック帝の帝廟です。
生前は別荘として使われており詩と哲学を愛したと言います。
歴代皇帝の中で一番在位期間が長い皇帝です。
敷地内はとても広く、いくつかの部屋や劇場なのが残っています。
詩は中国語で書かれているのも特徴的です。

トゥ・ドゥック帝廟のみどころ

一番の見どころは緑豊かな敷地の中にハス池と釣殿があることです。
絵画のように美しい造りが魅力的です。
ここが一番の魅力ですが緑が多いので散歩するのにも良い場所です。
時間を忘れてのんびりできます。

入場前にはこのような売り子さんが少しいます。
ベトナム人でも帽子を被っている人が多いので日本人は帽子を持っていくか現地で早めに買うのをおすすめします。

上の「1」ADULTが値段です。

このような彫刻?がいくつもあります。
歴史を感じますね。

季節によってはもっと緑豊かかもしれません。
痩せないと・・・。

風情を感じます。
とにかく時間がゆっくり流れてる感じでした。

かかった費用

入場料 10万VND(約500円)

フエ王宮からタクシーで約20万VND(約1000円)


※この辺りは市街から離れているので
タクシー運転手と交渉次第で観光地を巡ってくれます。
値段は忘れてしまいました・・・機会があれば更新したいと思います。

まとめ

フエの観光名所の一つ、トゥ・ドゥック帝廟。
緑豊かな遺跡です。
ハス池と釣殿はすごくきれいなのでオススメです。
近くにもいくつか観光地があるのでまとめてフエ観光しちゃいのも良いかもです。

スポンサーリンク

目次ページはこちらをクリック!!

フエの名物ミ―クワンMI QUANGを有名店DONALD TRUNGで格安で味わう!!

目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年6月9日 更新日:2020年6月9日

スポンサーリンク

2019年12月、フエに旅行へいきました。初めてのフエで楽しみでしたが途中で精神科の食欲増進の薬が切れてほぼ食べれませんでした。次回へ!!

目次
DONALD TRUNGの外観と場所
メニューとフエ料理
フエの生活水準
かかった費用
ベトナム人の友達を作る方法
ベトナムで使われているアプリ
まとめ

DONALD TRUNGの外観と場所

友達にフエの名物「ミークワン」が食べたいと言って連れてもらったお店「DONALD TRUNG」です。
地元の人にとても人気があるお店のようです。
場所はこちら

https://www.facebook.com/Banhtrangcuonthit/

メニューとフエ料理

メニューは壁に書いてあるだけです。一番高いメニューでも90000VND(約450円)と安い。
お目当てのミークワンも35000VND(約175円)と激安。

ホーチミンで食べたビーフシチューのフォーは74000VNDだったよなぁ~と思いながら。
あとは友達に任せたらいろいろ出てきました(笑)
フエの名物だそうです。

フエの生活水準

友達から聞いた話ですが、月収約5万円で結婚して家族を養うとのこと。
だから、料理がこの値段も納得がいきます。
観光旅行なのでお金を使おうと思いましたが・・・お金が減りませんでした。

かかった費用

お金は全て払いましたが体調不良で調べられなかったです。
メニューを参考にしていただけたらと思います。
また別な機会に調査したいと思います。

ベトナム人の友達を作る方法

facebookをおすすめします。ベトナム日本交流 on Facebookというコミュで知り合いました。
親日国なので日本語を勉強しているベトナム人は多い方です。

ベトナムで使われているアプリ

友達はどこでこのお店を調べたか聞いてみるとFoodyといアプリを使ったとのこと。
現在の場所から、お店がどこにあって評価や料理の画像が見れます。
次回、ベトナム行く時に使ってみたいと思います。

まとめ

ミークワンを少し食べました。
フエ名物を味わえて満足です。
精神科の薬(食欲増進)が切れてしまい、全く食欲が無くなってしまいました。
他の薬で代用できるかと思いましたが食欲戻らず・・・。
いろいろなフエ料理、美味しそうだったので2022年に食べれたらと思います。

スポンサーリンク

目次ページはこちらをクリック!!