【体験】ベトナムのムイネーで有名な観光地、妖精の渓流(fairy stream)を歩いてみたin2019年12月

Pocket

スポンサーリンク

目次ページはこちらをクリック!!

投稿日:2020年8月30日 更新日:2020年8月30日

スポンサーリンク

2019年12月、ホーチミン在住のベトナム人の女の子にファンティエットを観光案内してもらいました。ベトナムは4回目になりますがまだまだ見どころが多いです。今回は日本人にはまだあまり知られていないファンティエットのムイネーに行ってきました。妖精の渓流(fairy stream)です。

この記事を読めば妖精の渓流(fairy stream)がどんなところかがわかり、費用がいくら必要なのか、行き方などがわかります。

目次
・妖精の渓流(fairy stream)を観光するにはいくら必要か?
・妖精の渓流(fairy stream)を歩いてみた!!
・ベトナムのムイネーにはどんな有名な観光地があるのか?
・妖精の渓流(fairy stream)を観光するのに日本語だけで行けるのか?
・ファンティエットへの行き方、ホテルツアーへの申し込みの方法
・かかった費用
・まとめ

スポンサーリンク

妖精の渓流(fairy stream)を観光するにはいくら必要か?

最初にホテルのジープツアーに申し込んでいるので50万VND(約2500円)かかっています。入場料は無料です。ただ、靴などを預ける場合は2000VND(約10円)かかります。透明のアクリル箱にお金を入れればOKです。監視員がちゃんと見張っているハズ・・・。

スポンサーリンク

妖精の渓流(fairy stream)を歩いてみた!!

靴を預けて右側に裸足で歩いて行きます。水の冷たさが気持ちがいいです。でも、事前に100均とかでビーチサンダルの購入をオススメします。岩があるんですよ。

こんな岩と砂が見れちゃいます。右側は木々が生い茂っていて水の冷たさと併せて涼しかったです。

砂丘?白い砂丘、赤い砂丘を見てきているので。昇って上から滑ろうとする人もいるんじゃなかと思うぐらい滑らかでした。

日本だと鍾乳洞をイメージしちゃいますが、外でこんな石灰岩を見れたのは妖精の渓流(fairy stream)が初めてです。ベトナムで他に見れるのだろうか?

もう少し進んで行くと足元の岩も大きくなりケガに注意です。裸足で行きましたが、使い捨てのビーチサンダルがあればよかったと思いました。奥まで行って来た道を戻ります。

スポンサーリンク

ベトナムのムイネーにはどんな有名な観光地があるのか?

ホテルのツアーですが、White Sand dune(白い砂丘)、Red Sand dune(赤い砂丘)、Fishing Village(漁村)、Fairy Stream(妖精の渓流)の半日ツアーは抑えておきたいところです。何日滞在するかによりますが1泊2日コースならこのツアーがオススメです。

スポンサーリンク

妖精の渓流(fairy stream)を観光するのに日本語だけで行けるのか?

行けます。入場料が無料ですし、靴を預ける場合でも靴箱に置いてお金を入れるだけなので話す必要はありませんでした。

スポンサーリンク

ファンティエットへの行き方、ホテルツアーへの申し込みの方法

ホーチミンからバスを利用しました。バス会社は友達に見つけてもらい時間があったのが13000VND(650円)片道でした。5~6時間かかります。着いたらお店でベトナムビールを飲む予定でしたがバスが事故。着いたのが深夜1時。そしてスマホを落とす失態!!奇跡的に見つかった。そこからタクシーでホテルでる。本来は無料でホテルまで送迎してもらえますが・・・たぶんGooglemapでホテルの場所を見せればOK。そんな事情もあってタクシーでホテルへ。

ツアーの申し込みはホテルのフロントにツアーの場所を指させば大丈夫です。何時に出発とか書いた紙を渡してくれます。それまで隣のお店で朝ご飯を食べて時間つぶしです。やはりベトナムコーヒーはうまい!

スポンサーリンク

かかった費用

バス代を除いて

4か所のツアー代金 50万VND(約2500円)

預けた靴代 2000VND(約10円)

合計502000VND(2510円)

でした!予算の参考までに。

スポンサーリンク

ベトナムファンティエットのムイネーにある観光地「妖精の渓流(fairy stream)」へ行ってきました。この地域は日本人にとってはあまり知られていないようで日本人には会いませんでした。そして時間の流れがゆったりした場所で自然の造形物をのんびり眺めるのもベトナムらしさでいいなと感じました。

スポンサーリンク

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ



コメントを残す